(I'M IN LOVE WITH THE)
HONORABLE MR. SO AND SO

私の恋人はあの××殿よ
彼の名前はまともには言えないの
彼はゴッサム(ニュー・ヨーク)の重鎮だから (★)
新聞のコラムニストはみんな知りたがるでしょうね
私の恋人はあの××殿よ

彼が社交界の花形の××婦人と出かけ
二人が豪華な部屋で食事やダンスをしている間
私は息詰まるようなホテルの部屋で待ち続けるの
なんとか彼が見つける短い時間のために
そのほうが彼にとって都合のいい方法なの
そんな時私がいなかったら彼は不満たらたら
なぜ私は裏通りに住んでいなければならないのかしら
彼が私を隠しておけるからだけの理由で
家の屋上から叫び出したいくらい
自分の内部に秘め続ける代わりに

私だって行こうと思えばいろんな素敵なところに行けるのに
毎夜の招待も受けているのに
大変残念ですがと丁重に断るだけ
私の恋人はあの××殿だから

私だって行こうと思えばいろんな素敵なところに行けるのに
毎夜の招待も受けているのに
大変残念ですがと丁重に断るだけ
私の恋人はあの××殿だから
あの××という
××というお方なの

※ タイトルの、so and soは、誰それさん、何々さん、などの意味
"in love with ..." は、「・・・に恋している」と辞書にはあるが、訳してみると、二人は恋人同士だと分かるので、「私の恋人は××殿よ」と訳してみた

★ 辞書を引くと、ゴッサムGotham は次のような意味がある。
 ①阿呆村(イギリスの昔ばなしで、住民がみんな馬鹿のふりをした村)
 ②ニュー・ヨークの俗称 
 ③漫画のヒーロー バットマンが住む架空の都市


この女性は日の当たらない立場にいるのに暗さはなく、不満を言いつつ「私の恋人はとても言えないけどあの偉い人なのよ」と見栄を張れることで満足している(?)、という一風変わった小唄。



作詞・作曲: サム・コズロウ Sam Coslow
出典: 映画 Society Lawyer (1939) より

CD, LP
● アビー・レイン Abbe Lane : Where There's A Man (RCA)
● ヘレン・フォレスト Helen Forrest: Voice of the Name Band (Capitol)
● ジェリ・サザーン Jeri Southern : Southern Hospitality (Decca)
● ジョイス・ブリーチ Joyce Breach : This Moment with William Roy (Audiophile)
● スー・レイニー Sue Raney : Happiness Is A Warm & Breathless (Studio West)
● テディ・キング Teddy King : Bidin' My Time (RCA)

YouTube
■ アーディー・ショウ&ヘレン・フォレスト



2009/06/13 訳
2012/08/25 レイアウト変更等


Home (ホームページ)   Menu (上位メニュー)