YOUNG AT HEART


妖精物語が本当になることもあるんだ、、
  君にだって起こるのさ、
  もし君の心が若かったらね。
難しいのは、心が狭いままだけど、
  きっと分るよ
  もし君の心が若かったらね。
君は世界の果てにも行けるさ
  不可能に見える計画でもね、
君は笑い飛ばせるよ、
  夢が失敗に終わってもね。
そうすれば人生は経過するにつれもっと楽しくなるのさ、
それに心に秘めた恋もこれからするだろう恋だって同じさ。
知っているかい
  この世の宝物すべてと同じ価値があるのが
  若い心を持っていることだって?
たとえ、君が金持ちでも、
  もっと大事なことは
  若い心を持つことさ。
だから君が105歳まで、
  長生きするとしたら
見つけてごらん、
  生き続けるのに本当に必要なものを、
さあこれが最も大事なこと、
まず始めるんだ
もし君がまだ
  とても若い心を持っているうちに。


作詞のキャロリン・レイのキャリアは、広告から始まり、TVショーの草案書き (writing sketches) などをやった後、音楽出版社に勤めることになる。彼女は出版社から与えられたメロディーに詞をつける仕事をこなしていたが、200 ほどのヒットしなかった詞を書いた後に、ジョニー・リチャーズの曲に出会うことになる。彼女はほんの3時間で書き上げたが、たった25歳の女性が書いたにしては、生と愛に対する視点は成熟したものであった。しかしこのときの彼女の父親は心臓発作で入院しており、若い心であることであることが、「この世の宝物すべて」と同じ価値があるものと理解していたのでこの詞を書けたことは理解できるものであった。
この歌は、フランク・シナトラの1947年以来のナンバー・ワン・ヒットとなったばかりでなく、彼女にブロードウェイ進出の足がかりとなった曲でもあった。当時、メリー・マーティン主演の「ピーター・パン」のため、マーティンの夫であるプロデューサーのリチャード・ハリディは、ラジオでこの歌を聞き、彼女に電話で作詞の依頼をした。初めは冗談かと思って信用しなかったというが、一度は提案を受けたものの怖気づいて断ろうとも思ったらしい。
最終的には、ムース・シャーラップ(Moose Charlap)作曲の I'm Flyin, I Gotta Crow, I Won't Grow Up などを書き上げ、彼女のブロードウェイ作詞家としての地位は築き上げられたのである。 (America's Song より抄訳)



作詞: キャロリン・レイ Carolyne Leigh
作曲: ジョニー・リチャーズ Johnny Richards
出典: フランク・シナトラ、ドリス・デイ主演の映画 Young at Heart (1954) でフランク・シナトラが紹介

CD, LP
● クレオ・レイン Cleo Laine : クレオズ・チョイス (テイチク)
● フォア・フレッシュメン Four Freshmen : Voices in Standards (Hindsight records)
● フランク・シナトラ Frank Sinatra Capitol Years (Capitol)
● ジェイン・モーガン Janem Morgan : All the Way (Kapp)
● ジョー・ウィリアムズ Heart and Sould of George Shearing & Joe Williams (Koch)
● キーリー・スミス Keely Smith : CheroKeely Swings


2007/11/05 訳
2012/05/20 レイアウト変更等



Home (ホームページ)   Menu (上位メニュー)