Jazz Song Home ジャズ歌詞の訳詩 ABC順リスト

JAZZ AIN'T NOTHIN' BUT SOUL

ジャズがあればイモやトウモロコシだけでも生きていけるもの、 (¶)
君がヒップに感じたら立ち上がらせてくれるものなんだ、
ジャズってとにかく魂なのさ!

ジャズは金がなくても高尚な人生をくれるもの、
人の心の中にあることを伝えてくれるものなんだ、
ジャズってとにかく魂なのさ!


トランペットがサックスを罵り、
リズムは愛をささやき、
いかした服を着た人たちよ、
これは僕ら仲間の声なんだ!

★★
僕にとって、ジャズは発見されるべき真実そのものさ、
気になんかしないさ、こき下ろす奴らのことなんて、
ジャズってとにかく魂なのさ!

(間奏)

(★~★★ リピート)
ジャズってとにかく魂なのさ!


※ 1960年に録音を残したベティ・カーターのレコードでは単に Jazz とタイトルされていて Ain't Nothin' But Soul は括弧付きだが、いかにもジャズ演奏に適したアップテンポのジャズ賛歌。1960,70 年代はよく取り上げられたらしいが、最近ではあまり聞くことはないのではないか。

作詞・作曲の
ノーマン・マップはジャズ・シンガー、ソングライター。彼のハーレム・クラブでのデビューを見たダイナ・ワシントンは、彼の庇護者となり彼に音楽家活動を続けるよう励まし、バックアップをしたという。
マップのリーダー・アルバムは一枚しかないようで、ベティ・カーターが録音した翌年の 1961年の彼のアルバムではこの歌をアルバムタイトルとして歌っている。
ノーマン・マップの曲は他に、カーメン・マクレーが歌った Mr. Ugly, ペギー・リー、クリス・コナーが歌った Free Spirits, マーヴィン・ゲイやアーサー・プライソックがカウント・ベイシー楽団をバックに歌った I Worry 'bout You などがある。

歌詞ソースはLPライナーノーツと聞き取りによった。
¶:1行目は Jazz is makin' do with 'taters and grits であり、"taters" は potatoes =ジャガイモのこと。grits は粗引きトウモロコシのこと。いずれもメインディッシュにはならない食べ物を指しているのだろう。



作詞・作曲: ノーマン・マップ Norman Mapp (1960 ?)

CD
● ベティ・カーター Modern Sound of Betty Carter (ABC, 1960)
● ジョー・リー・ウィルソン Joe Lee Wilson : Livin' High Off Nickels and Dimes (Nadja, 1974)

YouTube
■ エスペランサ・スポルディング Esperanza Spalding :ジャズ・シンガー、ベーシスト


2011/12/20 訳


 ページトップへ