Jazz Song Home ジャズ歌詞の訳詩 ABC順リスト

ON TOP OF OLD SMOKY

1. On top of Old Smoky,
All covered with snow,
I lost my true lover
A-courtin' too slow

オールド・スモーキー山の頂は、
雪におおわれている、
俺は本当に愛した人を失った
求愛が遅すぎたからだ

2. A-courtin's a pleasure,
A-partin' is grief,
A false-hearted lover
Is worse than a thief.

求愛は喜び、
別れは悲しみ、
偽りの心の恋人は
盗っ人より悪いもの。

3. A thief he will rob you
And take what you have,
But a false-hearted lover
Sends you to your grave.

盗っ人はお前から奪う
お前のものを取ってしまう。
でも偽りの心の恋人は
人を墓に追いやる。

4. They'll hug you and kiss you
And tell you more lies
Than the leaves on a willow
Or the stars in the skies.

彼らはお前を抱き締め口づけし
嘘を更に重ねるだろう
柳の葉っぱよりも
空の星よりも多くの。

5. My sad heart is aching,
I'm weary today;
My lover has left me,
I'm a-feelin' this way.

俺の哀れな心が苦しい、
今日の俺はくたくただ;
俺の恋人が逃げたから、
これが今の気分さ。

6. It's rainin', it's pourin',
The moon gives no light;
My horse he won't travel
This dark lonesome night.

雨が降っている、土砂降りだ、
月の光さえ見えない;
俺の馬は動こうともしない
こんな暗く寂しい夜は。

7. I'm goin' away, dear,
I'll write you my mind;
My mind is to marry
And to leave you behind.

俺は出て行くよ、お前、
俺の気持ちは手紙に書くさ;
俺の気持ちは結婚して
それからお前を残して出て行くことさ。

8. Come, all you young people,
And listen to me;
Don't place your affection
On a green willow tree.

お前たち若者よこっちへ来て、
俺の話を聞いてくれ;
決して愛を
緑い柳の下で交わしちゃいけないよ。

9. Theleaves they will wither
The roots they will die;
You will be forsaken
And never know why.

葉っぱはしおれるもの
根は枯れるもの;
お前は見捨てられる定め
理由は決して分からずに。

10. On top of Old Smoky,
All covered with snow,
I lost my true lover
A-courtin' too slow

オールド・スモーキー山の頂は、
雪におおわれている、
俺は本当に愛した人を失った
求愛が遅すぎたからだ


※ アメリカ民謡をピート・シガー Pete Seeger がアレンジし、ザ・ウィヴァーズ&ゴードン・ジェンキンズ楽団がヒットさせた1951年の歌。ビルボードでは2位、キャッシュボックスでは1位に付けたが、同じ年に俳優・民謡歌手のバール・アイヴスの録音も10位になった。

タイトルの smoky は、smokey, smokie などと綴られることもある

オールド・スモーキ―という命名から高くそびえ常に雲がかかっている雪山を想像させるが、
wikipedia によると、中央アパラチア山脈やオザーク地方に定住したアイルランドやスコットランド系アメリカ人が誇りとする山であると考えられており、彼らが Smoky Dome と呼ぶテネシー州 Clingmans Dome などもその候補として挙げられている。

同じく wikipedia によると、多くのヴァージョンでアメリカ民謡 Down in the Valley と同じ(?)メロディー、リズムで歌われるが、Dave Van Ronk のようによりケルト風メロディであり、より語り風でより自由なリズム構成で歌っているものもある。

アパラチア山脈地方はここに居住し文明とは隔離され、独特の民謡を持ったアイルランド系、スコットランド系文化が存在するが、彼らが受け継いできた民謡、バラッドなどは英国などでも失われたものが多いという。そしてこの歌も英国がオリジンと考えられている。

また別の資料では、この歌の原曲はアメリカ南部山脈地方に残る民謡、Little Mohee としている。下にそれぞれの訳と YouTube リンクを載せたが、 Down in the Valley も Little Mohee も On Top of Old Smoky と似たような曲だ。


ポップにアレンジしたリトル・エヴァの Old Smokey Locomotion (1963, アレンジ&作詞は、ジェリー・ゴフィン&キャロル・キング Gerry Goffin, Carole King )や、パロディー化したコミック On Top of Spaghetti (1963, 作詞はフォーク歌手 トム・グレイザー Tom Glazer) {大意:スパゲッティの上はチーズで覆われていた。僕は誰かがくしゃみをしたので残念にもミートボールを失くしてしまった...} などはこの歌を元にしている。



作詞・作曲: 不明(アメリカ民謡、19世紀前半と思われている)

YouTube
■ ウィヴァーズ
■ ハンク・ウィリアムス版 : 南部なまりの強いカントリー
■ Dave Van Ronk 版  : 上述したように語りに近い歌



DOWN IN THE VALLEY
(BIRMINGHAM JAIL)

1. Down in the valley, the valley so low,
Hang your head over, hear the wind blow.
Hear the wind blow, dear, hear the wind blow,
Hang your head over, hear the wind blow.

谷間から吹いて来る、その谷はとても低い、
頭から離れない、聞こえるのは風の音。
聞こえるのは風の音、恋人よ、聞こえるのは風の音、
頭から離れない、聞こえるのは風の音。

2. Bird in a cage, dear, bird in cage,
Dying for freedom, ever a slave.
Ever a slave, dear, evar a slave,
Dying for freedom, ever a slave.

かごの中の鳥、恋人よ、かごの中の鳥さ、
自由に飢えている、いつまでも奴隷。
いつまでも奴隷、恋人よ、いつまでも奴隷、
自由に飢えている、いつまでも奴隷。

3. If you don't love me, love whom you please,
Throw your arms 'round me, give my heart ease.
Give my heart ease, dear, give me heart ease,
Throw your arms 'round me, give my heart ease.

お前が俺を愛してないなら、お前を喜ばす奴を愛せばいいさ、
俺を抱いてくれ、俺の心を安らかにさせてくれ。
俺の心を安らかにさせてくれ、恋人よ、俺の心を安らかにさせてくれ、
俺を抱いてくれ、俺の心を安らかにさせてくれ。

4. Write me a letter, send it by mail,
Send it in care of Birmingham jail.
Birmingham jail, dear, Birmingham jail,
Send it in care of Birmingham jail.

手紙を書いてくれ、郵便で送ってくれ、
郵便をバーミンガム刑務所気付けで送ってくれ。
バーミンガム刑務所だ、恋人よ、バーミンガム刑務所だ、
郵便をバーミンガム刑務所気付けで送ってくれ。

5. Writing this letter containing three lines,
Answer my question: "Will you be mine?"
"Will you be mine, dear, will you be mine?"
Answer my question: "Will you be mine?"

書いているこの手紙は三行だけ、 (★)
俺の質問に答えてくれ: 『俺のものになってくれるか?』
『俺のものになってくれるか、恋人よ、俺のものになってくれるか?』
俺の質問に答えてくれ: 『俺のものになってくれるか?』

6. Roses love sunshine, vi'lets love dew,
Angels in heaven know I love you.
Kow I love you, dear, kow I love you,
Angels in heaven know I love you.

薔薇は日の光を愛し、菫は露を愛する、
空の天使たちは俺がお前を愛しているのを知っている。
お前を愛しているのを知っている、恋人よ、お前を愛しているのを知っている、
空の天使たちは俺がお前を愛しているのを知っている。


※ 監獄をテーマにしたアメリカ山岳地方に伝わる民謡で少なくとも1845年頃まで遡ることが出来るらしい。多くのレコーディングがあるが、1944年の映画 The Moonlight and Cactus でアンドリューズ・シスターズがヒットさせている。

バーミンガムはアラバマ州の都市。

タイトルは、"Brimingham Jail", "Bird in a Cage", "Down on the Leave" などと記述されることもある。


★ 5番の歌詞は、手紙には冒頭のあいさつと結びの言葉を除けば本文は "Will you be mine?" だけと想像できる。



作詞・作曲: 不明(アメリカ民謡)

YouTube
■ ブラウンズ (1961):ポピュラー版




LITTLE MOHEE

As I went out walking upon a fine day
I got awful lonesome as the day passed away
I sat down a-musing, alone on the grass
When who should sit by me but a sweet Indian lass.

She sat down beside me and took hold of my hand
Said, "You sure be a stranger, and in a strange land."
She asked me to marry and gave me her hand,
Said, "My pappy's a chieftain all over this land."

"My pappy's a chieftain, and ruler be he
I'm his only daughter and my name is Mohee"
I answered and told her that it never could be
'Cause I had my own sweetheart in my own country.

I had my ain sweetheart, and I knew she loved me
Her heart was as true as any Mohee
So I said,"I must leave you and goodbye my dear
There's wind in my canvas and home I must steer."

At home with relations I tried for to see
But there wasn't a one like my little Mohee,
And the girl I had trusted proved untrue to me
So I sailed back o'er the ocean to my little Mohee.


ある天気の良い日に僕は徒歩で出かけた
日が経つにつれ僕はとても寂しくなった
僕は物思いにふけ一人で草の上に腰掛けた
その時僕の脇に腰掛けたのは可愛いインディアンの少女だった。

彼女は僕の脇に腰掛け僕の手を取り
こう言った、『あなたは異国の人、そして異国に来た。』
彼女は僕に結婚するよう頼み、彼女は僕に手を差し出した
言ったのは、『私のお父ちゃんはこの国全土の族長よ。』

『私のお父ちゃんは族長で、支配者という役割
 私は彼のただ一人の娘で名前はモーヒーよ』
僕はそれは出来ないことだと彼女に答えた
なぜなら僕には故郷に恋人がいるから。

僕には恋人がいて、彼女は僕を愛していた
彼女の心はモーヒーがどうあれ同じくらいの真心だった
だから僕は彼女に言った、『僕は君から去らなければ、だからさようなら
帆は風をはらんでいる、だから家に向けて僕は出航せねば。』

親族のいる故郷で僕は探してみた
でも可愛いモーヒーのような人はいなかった
そして僕の信頼していた娘は不実だと分かったのさ
だから僕はまた海を越えて僕の可愛いモーヒーに会いに出航したのさ。


※ アイヴスによると、この歌は船乗りたちに歌われた猥歌から派生したものという。




作詞・作曲: 不明(アメリカ民謡)

YouTube
■ バール・アイヴス



2011/10/15 訳
2011/10/17 補足追加


 ページトップへ