Jazz Song Home ジャズ歌詞の訳詩 ABC順リスト

TWELFTH OF NEVER

君はどれだけ君を必要か聞いたよね・・・・答えなきゃいけないのかい?
君が必要さ、ああ可愛い人よ、薔薇が雨を必要としているみたいにね。
君はいつまで君を愛していられるか聞いたよね、正直なところは・・・
永遠にさ(来ることのない12日までさ)、それまで君を愛し続けるよ。  ★ 

[ブリッジ]
僕をしっかり抱いて、つなぎとめておいてよ。
僕をしっかり抱きしめて、四月の雪のように僕の心をとかしてよ。

君を愛し続けるよ、ブルーベルの花が開くことがなくなる日まで。  ★★
君を愛し続けるよ、薔薇の花が香ることなくなる日まで。
君を愛し続けるよ、詩人たちの韻が尽きる日まで。
永遠にさ(来ることのない12日までさ)、そういつまでもいつまでも。

永遠にさ(来ることのない12日までさ)、そういつまでもいつまでも。


★ the twelfth of never とは有名な表現で、「永遠に」を意味する。(出典は不明だが、来ることのない12日、という意味らしい)

★★ ブルーベルとは、キキョウ科、ユリ科、ムラサキ科の花など、地域によって指すものが異なるが、総じてつりがね形の青い花を総称するようだ。



ブリッジを除くメロディーは、英国古謡をオリジンとしアパラチア山脈地方に残る民謡である "I Gave My Love a Cherry" (別名 "The Riddle") からアダプトしたもの。民謡なので歌詞は様々だが以下にそのうちの一つを訳した。ペギー・リーがアルバム「貝がら」で歌っている歌詞とは多少異なる (参考: Twelfth of Never (wiki) および The Riddle Song (wiki) )

I Gave My Love a Cherry (The Riddle)

1. I gave my love a cherry that has no stone,
I gave my love a chicken that has no bone,
I gave my love a ring that has no end,
I gave my love a baby with no cry-in'.

我が恋人に種のないチェリーをあげた、
我が恋人に骨のないチキンをあげた、
我が恋人に鳴り止まない鐘 (ring) をあげた、
我が恋人に泣き叫ばない赤ん坊をあげた。

2. How can there be a cherry that has no stone?
How can there be a chicken that has no bone?
How can there be a ring that has no end?
How can there be a baby with no cry-in'?

種のないチェリーなんてあるのかしら?
骨のないチキンなんてあるのかしら?
鳴り止まない鐘なんてあるのかしら?
泣き叫ばない赤ん坊なんているのかしら?

3. A cherry when it's bloomin' it has no stone.
A checken in an eggshell it has no bone.
A ring when it is rollin' it has no end.
A baby when it's sleepin' has no cry-in'.

花が咲いているときのチェリーは種がない。
卵のなかにいるチキンは骨がない。
まるくなった指輪 (ring) には端がない (no end)。
眠っている赤ん坊は泣き叫ばない。




作詞:ポール・フランシス・ウエブスター Paul Francis Webster
作曲:ジェリー・リヴィングストン Jerry Livingston 1957年

レコード、CD
● ジョニー・マティス(紹介) Johnny Mathis : Greatest Hits (CBS)
● ビル・ヘンダーソン Bill Henderson (Vee Jay)
● ジゼル・マッケンジー Gisele Mackenzie in Person (Everest)

The Riddle Song
● ペギー・リー Peggy Lee : Sea Shell (Decca)


2007/09/15 訳
2012/05/20 レイアウト変更等