ソフィスティケイテド・レディ
 (Sophisticated Lady)

1932年(歌詞&版権) ただしそれ以前から演奏されていた曲らしい
作詞・作曲:デューク・エリントン、アーヴィング・ミルズ、ミッチェル・パリッシュ

アーヴィング・ミルズの言い分
音楽出版者であるミルズが1925年にエリントンの音楽を聴いたときに、彼はエリントンの複雑なアレンジのジャズ曲は、それをベースにしてポピュラーソングになりえるものと確信したという。ミルズはエリントンとの出版契約を提案したが、出版者としてのロイヤリティー以外にもソングライターとしての権利も要求したという。

人々がミルズにこのことを非難すると彼はこう答えたという。
『私は「ソフィスティケイテド・レディ」をエリントンと一緒に作ったんだ。それに「ムード・インディゴ」も「ソリテュード」も「イン・ア・センティメンタル・ムード」そうさ。』
彼の意味するところは、音楽出版者として常にデュークに、書くべき歌を提案し続け、タイトルやテーマのアイデアを提供し、そして彼の音楽を、消費者むけに単純化したことを意味するらしい。『どんなものを彼ら書いても、私はそれらをそぎ落としたのさ。彼の音楽はいつも重たかったからね。』

もしミルズがエリントンの創造性に益したというならば、エリントンもバンドメンバーに同じことをしたと言えよう。オットー・ハードウィックとローレンス・ブラウンは「ソフィスティケイテド・レディ」のメロディーを作ったと主張している。この曲の作詞を手伝ったバーニー・ビガードは言う。『エリントンのひとつ気に入らないところはそこさ。バンドメンバーがソングライターとしてクレジットすることを許さなかったんだ。』


マーサ・エリントンの見方

『高級レストランで心の苦痛を癒そうとしている退廃的な女性の雰囲気がある』と評した人もいるが、
  "Smoking, drinking, / Never thinking of tomorrow"
という歌詞は、しかしながらエリントンの息子には、父のある女性への心からの心痛に聞こえた。その女性とは『僕の母なんです。父と別れて彼女は心が落ち込み、それで飲むようになったんです』と彼は言う。


America's Song p.114 より抜粋&抄訳




Home (ホームページ)   Menu (上位メニュー)