Who か Whom か?

Who Can I Turn To?
(作詞:ウィリアム・エングヴィック、作曲:アレック・ワイルダー)


1941年に作られたこの曲のタイトルについて、ある日ミルドレッド・ベイリーはワイルダーに言った。「私はこの歌は好きよ。文法的には間違っていて最初の言葉は Whomでなければならないとしても。でも一体誰がWhomを好きになるというの。」
実際には、Whomにこだわった人間が居たという。ジョン・ハモンド・ジュニアはジャズ・レコードのプロデューサーであり、多くの若い黒人ミュージシャンにチャンスを与えた人だが、彼はあるレコーディングセッションで、Whomにこだわったという。
ポピュラー音楽界は狭い世界であり、この話は瞬く間にワイルダーの知れるところとなった。二日間待った後に、ワイルダーは、笑いの中にユーモアのセンスに欠けるハモンドに電話した。「所でジョン、新作映画で評判がいい"Better Foot Forward"はもう観たのかい?」。ハモンドの頭の中をこの言葉が駆け巡ったという。

(Better Foot Forward とは架空の映画であり、1941年の舞台ミュージカルBest Foot Forward(1943映画化)をわざと間違った言い方。イディオムとしての Best Foot Forward は「全力でがんばれ」という意味。)


Alec Wilder in Spite of Himself (Desmond Stoneより)





Home (ホームページ)   Menu (上位メニュー)